母乳育児 いい食事 ダメなもの

母乳育児にいい食事とダメなもの

スポンサードリンク

母乳育児にいい食事

母乳は、お母さんの血液から作られます。
そして、血液は食事に大きな影響を受けます。

 

 

ですから、食事次第で母乳の質はよくも悪くも変化しますので、お母さんは普段の食事に気を使う必要があります。

 

 

例えば、授乳期のお母さんがコーヒーや紅茶などからカフェインを摂取してしまうと、その後の授乳で母乳を飲んだ赤ちゃんの寝つきが悪くなると言われています。

 

 

母乳の質を悪くしないために控えるべきとされている食品・飲料品は数多くありますが、逆に母乳の質を良くするために、積極的に摂取すべきとされている食品類もあります。

 

 

まず、主食にはごはんをなるべくとるようにしましょう。玄米ごはんやもち米を使ったごはん・おもちは母乳の質に悪影響を与えますので、白米が良いです。

 

 

授乳期には野菜中心の食生活を心がけよう、とされていますが、野菜の中でも特にじゃがいもに代表されるいも類・大根・にんじん・ごぼうなどの根菜が良いです。
緑黄色野菜も母乳をさらさらにする効果があり、良いとされています。

 

 

ナスやきゅうりなど、食べると体の内側から冷やす効果のある野菜は避けた方が良いみたいですね。

母乳育児の食事でダメなもの

母乳育児は全ての女性が理想とするスタイルでしょう。

 

乳の質を保つために、授乳中のママの食事には気をつける必要があります。

 

例えば、もち米や玄米は消化不良を起こしやすいので、玄米ごはん、もち米を使ったお赤飯やおはぎなどもNGです。

 

 

カレーライスも刺激が強いので授乳中には控えたほうが良いですね。油脂を含む食品は乳が詰まる原因になる場合があります。

 

 

ラーメンやスパゲティーなどは製麺の段階で油脂を使用していますので注意が必要です。てんぷらやフライ・カツ・コロッケなどの揚げ物もNGになります。

 

 

油をたっぷりと配合したドレッシングはもちろん、マヨネーズは母乳への悪影響が特に大きいとされています。
乳製品類は全て控えましょう。

 

授乳中にママが牛の乳を取り入れることは、乳の質に影響を与えてしまうようです。市場に出回る乳のほとんどは牛乳でしょうけど、ヤギの乳なども同様です。

 

肉類では、牛肉・豚肉を控えましょう。
他にも、食べると体を内側から冷やすとされている食品・アルコール類・カフェインを含むものも母乳に悪影響を与えるとされています。

 

 

さらに、アレルギーがある場合には対象食品を個別に注意すべきですね。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ