母乳育児 マッサージ

母乳育児のためのマッサージについて

スポンサードリンク

母乳育児のためのマッサージについて

子どもを生むと母乳が出るのが女性の体のしくみです。

 

ですが、母乳育児を考えると、赤ちゃんが育つために十分に必要な量の母乳を出す必要があります。

 

 

一定以上の母乳の量を確保するためにできる努力にはさまざまなものがあります。

 

母乳マッサージも母乳の量を安定させる手段のうちのひとつです。
母乳育児のためのマッサージを開始するのは赤ちゃんが生まれてからではありません。

 

 

妊娠中からマッサージを行っておくと、いざ赤ちゃんが生まれてからの母乳の出方に良い影響が得られます。
しかし、母乳マッサージを行うと、子宮が収縮するという副作用もあります。

 

 

不安定な妊娠中に行うと危険ですから、マッサージを開始するのは安定期からにしましょう。
妊娠中から行うマッサージは主に母乳の出を良くすることを目的としています。

 

 

出産後には、また別の目的でマッサージを行う必要が出ます。
例えば、母乳で乳腺が詰まってしまう可能性があるので、これを解消するためのマッサージがあります。

 

 

時期によってさまざまな種類のマッサージがありますので、しっかりと覚えて実践しましょう。

母乳育児でできるしこりについて

母乳育児をするなかで、おっぱいにしこりができる場合があります。

 

 

このしこりは、乳腺で母乳詰まりが出来て硬くなって起きています。

 

 

母乳は安定して一定量を常に出しているわけではありませんし、赤ちゃんの飲む量にもばらつきがあります。

 

基本的に母乳は赤ちゃんに吸われることで出が良くなりますから、多く飲む時期に母乳の生産量が増えて、あまり飲まない時期があると母乳が余って詰まってしまうのです。

 

 

食事によって油分を摂取しすぎるのも母乳詰まりを起こしやすい原因と言われています。

 

 

野菜中心でヘルシーな食生活を心がけましょう。
授乳するときの赤ちゃんの抱き方ひとつでも、赤ちゃんが飲みやすい姿勢がありますから、飲まれる母乳の量が変わることがあります。

 

 

しこりを予防するためには、抱き方をいろいろ変えて試してみると良いかもしれません。

 

また、普段からマッサージをしておくのもしこりの予防に役立ちます。
しかし、あまりにしこりがひどくなった場合には、マッサージをすることは逆効果となりますので注意が必要です。

 

 

強いしこりは刺激を与えず安静にして、乳腺炎を防ぐために冷やしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ